甲状腺の病気の症状|健康的な体を取り戻す

病気の豆知識

横になる男性

甲状腺の病気がある方は、CT検査などで用いられる造影剤に留意をする必要があります。検査を受ける場合は、事前に医師に相談するなどの方法をとるのがベストです。甲状腺の専門病院は、充実した治療が受けられるとして人気があります。

Read

女性に多い甲状腺疾患

聴診器

甲状腺異常による症状

甲状腺の病気は女性に多く、症状によってはその発症年齢にも違いが出てきます。甲状腺の病気には2種類あり、バセドウ病と橋本病です。バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうことで起こり、橋本病は全くその逆の働きで症状が出てくるようになります。バセドウ病は、代謝が異常に働いてしまうことで食欲旺盛になりますが、その分体重が痩せていきます。いつも疲れやすく、精神的にもイライラしたりすることが多いです。反対に橋本病は、代謝が悪くなることで太りやすくなり、うつ病に似た症状が出てきます。バセドウ病は若い人に多いのですが、橋本病は中年の年代に多いので、更年期障害にも間違われやすいところがあります。甲状腺の病気は放っておいたら本人にとっても辛く、この症状がいろいろなことに障害を起こしてしまう可能性もあります。甲状腺の病気に似たような疑いを持ったときは、病院で診察してもらい、異常があれば治療を始めていくことができます。

甲状腺ホルモンを正常化

甲状腺の病気で起こりえる障害は、バセドウ病であれば妊娠に関係してきます。これが流産や早産を引き起こしてしまう可能性があるので、若い女性が多いことから気を付けなければいけません。また、橋本病では精神的な落ち込みも目立つので、やはり治療が必要となってきます。この甲状腺の病気による治療は、甲状腺ホルモンのバランスを整えていくことが目的です。主に投薬で正常な状態を目指していき、そこで経過観察を続けていきます。甲状腺ホルモンを刺激しないような食生活も指導されるので、参考にしていくことで症状をひどくさせていくようなことはありません。このような治療で甲状腺の病気による症状も落ち着いてくるようになるので、健康的な生活を送ることができます。